胃がんへの研究結果が注目されている成分「米ぬか多糖体」に関するサイト。
TOP » 米ぬか多糖体は信頼できる?効果に関するエビデンスをまとめました

米ぬか多糖体は信頼できる?効果に関するエビデンスをまとめました

一般的にまだよく知られていない米ぬか多糖体。本当に免疫向上・抗炎症などの作用があるのか、気になっている方は多いでしょう。米ぬか多糖体のエビデンスについて知りたい方向けに情報をまとめていますので、ぜひお役立てください。

学術論文・学会発表などのエビデンスが豊富な
米ぬか多糖体

米ぬか多糖体は、独自の製法で作りだされた成分です。15年以上に渡って蓄積した学術論文は57報以上あり、学会でも130回以上も発表されています。実証は東京大学・防衛医科大学・名古屋大学・UCLA(カルフォルニア大学ロサンゼルス校)・ドゥルー医科大学など、28施設で実施済みです。

数々のエビデンスをもとに、末期がん患者が寛解したケースやラットによる効果試験、健常者に対して行なった調査結果などをわかりやすく解説します。米ぬか多糖体の有用性・安全性は確かなのかどうか確かめていきましょう。

【論文1】末期胃がん患者が米ぬか多糖体を摂取し
寛解した事例

がん(ステージ4)と宣告されている方を中心とした16名に、米ぬか多糖体を6ヶ月間に渡って摂取してもらった検証結果をまとめています。米ぬか多糖体を摂るようになり、被験者たちの白血球数は変化し、NK細胞の活性化は確認されました。すでに発表されている学術論文から読み解き、気になる詳細情報を紹介します。

ステージ4の胃がんを患っていた方が寛解した事例とあわせて、ご確認ください。

米ぬか多糖体で胃がんが寛解した
事例をもっと詳しく見る

【論文2】米ぬか多糖体のNK細胞向上効果を
実験ラットで検証

自然界が生み出した米ぬかから抽出された成分である、米ぬか多糖体。「米ぬか」がベースなら安全性が高いだろうと予測が立ちました。最新の注意を払い、まずはラットによる検証を実施しました。

米ぬか多糖体の投与量で4グループに分けられたラットたち。そのNK細胞の活性・向上効果は確認できたのでしょうか?具体的な数値が報告されている書籍から、詳しい研究結果を紹介します。

NK細胞向上が確認できた?
ラットの検証データをもっと詳しく見る

【論文3】健常者が米ぬか多糖体を摂取し
NK細胞の活性化の数値を観察

ラットではなくヒト(健常者)が米ぬか多糖体を摂取することで、より信頼できるデータが取れます。ヒトがNK細胞が活性化し、免疫力が上がるという結果はがん患者にとって大きな希望となります。

次のページでは、健常者24人に米ぬか多糖体を摂取してもらい、「NK細胞が活性するか」「副作用はあるか」調査した論文をもとにまとめました。人体に投与しても問題がないか気になる方は、ぜひご一読ください。

NK細胞が活性化する?
米ぬか多糖体の調査データをもっと詳しくみる

参考文献