胃がんへの研究結果が注目されている成分「米ぬか多糖体」に関するサイト。
TOP » 胃がんと免疫・米ぬか多糖体の関係とは

胃がんと免疫・米ぬか多糖体の関係とは

胃がん治療は、がん細胞を排除し増殖を抑制する「免疫力」を高めるのが重要なポイントです。こちらでは免疫の仕組みや働きについて分かりやすく紹介していきます。

免疫とは?
分かりやすく簡単に解説

免疫細胞は体内に侵入した細菌やウイルス異物として識別し、それらを排除する役割を持っています。この働きのことを「免疫」と言います。より詳しい働きや免疫細胞が作られる場所など、免疫について分かりやすくまとめました。

簡単まとめ!免疫の簡単に分かる解説について詳しく見る

免疫力低下のデメリットとは?

免疫力が低下するとさまざまな病気を発症しやすくなります。がんや肺炎といった重大な病気を引き起こす可能性も。また、新陳代謝が低下して体の調子が悪くなったり、老化を早めてしまったりします。免疫力の低下を引き起こす原因や対策法をまとめたので、参考にしてみてください。

免疫力低下が及ぼすデメリットと
原因・対策について詳しく見る

最前線で病気から体を守る
「自然免疫」

体内に異物が侵入した際、いち早く作用する免疫機能を自然免疫と言います。

自然免疫を担う免疫細胞の中には胃がん治療に深い関係を持つNK細胞があります。その働きやほかの免疫細胞の種類について紹介します。

自然免疫の種類や働きについて詳しく見る

高度な病原体を排除する
「獲得免疫」

獲得免疫とは自然免疫では対処しきれない異物の排除を行う仕組みのことです。例えば、T細胞やB細胞が挙げられ、T細胞はさらに3種類に分けられます。その種類やそれぞれの働きについて、分かりやすく解説します。

獲得免疫の種類や働きについて詳しく見る

NK細胞を活性化させる
米ぬか多糖体に注目!

体内に取り込まれた米ぬか多糖体は血管に入り込む特性を持っており、その際に小腸のパイエル板を刺激することでNK細胞を活性化させます。NK細胞はがん細胞だけを攻撃する免疫細胞。活性化に関する臨床データをまとめました。

NK細胞を活性化させる
米ぬか多糖体について詳しく見る

免疫が作用しなくなる?
がん免疫逃避機構

がん細胞を攻撃・排除し、増殖を抑えるのが免疫細胞の役割です。しかし、がん細胞も無抵抗で排除されるわけではありません。免疫細胞の働きを妨害して、攻撃を辞めさせる機能を持っているのです。その機能のことをがん免疫逃避機構と言います。

がん免疫逃避機構について詳しく見る

免疫力の向上に成功した方の体験談まとめ

米ぬか多糖体って本当に効くの?ここでは、実際に米ぬか多糖体を摂取している方の口コミを紹介しています。米ぬか多糖体を試したことのない方や、免疫力を高めたい方はぜひチェックしてください。

がん免疫逃避機構について詳しく見る